安永常夜灯

町屋川を望む(旧東海道町屋橋跡)
安永常夜灯と旧東海道(江戸方面)
桑名市教育委員会の案内板によると、

安永の常夜灯は旧東海道筋にあたり
七里の渡しから約一里(四キロ)弱、
戦災まで堤から町屋橋(木橋)が架かり
川向う縄生には『一里塚』があった。

町屋川の清流に臨み上流からの舟運や筏と旅人の小憩する
茶店などで賑わったという。

安永常夜灯
 
写真の右手あたりに

名物の「安永餅」を売っていた茶店があったらしい

今は、街角博物館になっていて、往時の道具等が見れるようです。

(後日に訪問し、レポートいたします)

現在の「安永餅」を販売する店とは別の店です。

安永の旧東海道

宿場地図へ戻る

   桑名市

   いなべ市
  
   東員町

 


ASITA(北勢線とまち育みを考える会)