矢田立場

江戸時代の「矢田町」は、東海道の宿場と宿場の中間にあって

旅人が休憩する茶店などが集まっている「立場」でありました。

今でも、馬を繋ぎとめた鉄環のある家や連子格子のある家が

残っています。火の見櫓は平成3年に再建(平成16年)

町屋川を望む(旧東海道町屋橋跡)
馬を繋ぎとめた鉄環のある家
 馬を繋ぎとめた鉄環のある家(旧東海道 京方面)
連子格子のある家
火の見櫓下から旧東海道 江戸方面

宿場地図へ戻る

   桑名市

   いなべ市
  
   東員町


ASITA(北勢線とまち育みを考える会)